【NEWS】2020.12.16 “世界最小“の靴店舗を羽田空港に初出店!

Top video alt

データで靴産業を革新する

Top bg 1
Shoes D2CBrand sales package

最小限のスペースで、
靴店舗の新たな形態。

在庫レスの無人小スペース店舗で、
ARでの試着×3Dデータでのサイズフィッティングの
新たな靴購入体験

Top bg 2
Foot data CRM tool

シューズ売り場に革命を。

独自開発のマッチングアルゴリズムで、
お客様にフィットするシューズを即座にレコメンド。

Top bg 1
Bigdata Science

Flicfitしか持ち得ない靴内寸3Dデータに加え、
生活者の足や健康にまつわる生活者データ、
購買/非購買に至るまでの消費行動データ、
接客プロセスを可視化する販促データ等を融合し、
新たな付加価値を生み出す

News
日本経済新聞2021年04月21日版にFlicfitのサービスの記事が掲載されました。
News

日本経済新聞2021年04月21日版にFlicfitのサービスの記事が掲載されました。

News
三菱商事・ユービーエス・リアルティとフリックフィット 1 坪サイズの無人店舗実証実験を展開、 商業施設運営の DX において連携
News

三菱商事・ユービーエス・リアルティとフリックフィット 1 坪サイズの無人店舗実証実験を展開、 商業施設運営の DX において連携

~「川崎ルフロン」に靴の無人店舗を設置。通行者/利用者データの収集・活用を開始~

 

日本都市ファンド投資法人(以下「本投資法人」といいます。)が資産の運用を委託する資産運用会 社である三菱商事・ユービーエス・リアルティ株式会社(以下「本資産運用会社」といいます。)は、 株式会社フリックフィット(以下「フリックフィット」といいます。)と、AR 試着&3D サイズ計測に よる在庫レスな 1 坪サイズの靴の無人店舗を、本投資法人が所有する商業施設「川崎ルフロン」(神奈 川県川崎市)に設置し、実証実験を開始いたします。また、通行量や利用者などのデータを活用する ことで小売及び商業施設運営のデジタルトランスフォーメーション(以下「DX」といいます)などに おいて、連携を実施することを発表いたします。

 

【三菱商事・ユービーエス・リアルティにおける連携の背景】

本資産運用会社は、次世代の商業施設運用に対する取り組みとして、IT 技術を駆使した集客力向上 やテナント構成力の最適化などを図ってきました。そしてこの度「川崎ルフロン」において、AR 試着 &3D サイズ計測による在庫レスな 1 坪サイズの無人店舗を試験的に設置し、実証実験を開始いたしま す。フリックフィットと連携し、施設内の通行者や利用者のプロフィールデータを収集・活用して、 マーケティング施策を実施していきます。今後も本資産運用会社が運用する商業施設においてフリッ クフィットと連携し、施設運用の強化を図っていきます。

 

【本連携におけるフリックフィットの提供するサービスについて】

フリックフィットが今回提供する非接触、無在庫販売店舗「最小店舗」は、これまで大きなバック ヤードが必要、且つ試着が手間だった靴購買体験に変革を与えます。EC が抱える、靴を履いた際のス タイルや変化する靴のサイズといった実際に試着できないことで生じる“買いづらさ”がない、ユーザ ー・ブランド双方にとって WIN-WIN となる新たな靴の販売形態(第 3 の販売形態)として出店しま す。また今回「川崎ルフロン」では、子供の足の成長に合わせた靴店舗「ANIMAUX COUCOU -アニモ ー ククー-」の提供を行います。

 

【世界最小靴店舗の概要】

News
フリックフィット × 找米斗。靴の非接触、無在庫販売店舗を展開する「フリックフィット」が 中国の靴サプライチェーンプラットフォーム「找米斗」と C2M領域の事業提携を開始
News

フリックフィット × 找米斗。靴の非接触、無在庫販売店舗を展開する「フリックフィット」が 中国の靴サプライチェーンプラットフォーム「找米斗」と C2M領域の事業提携を開始

“最小店舗”を展開する日本の靴DXスタートアップ企業、株式会社フリックフィット(東京都目黒区・代

表取締役 廣橋博仁)と、中国の靴サプライチェーンプラットフォーム”找米斗”を展開する成都有米斗科技有限公司(四川省成都市・CEO 周光源)は、C2M(Consumer to Manufacturing)領域での事業提携を行うことを発表した。

 

株式会社フリックフィットは、2020年12月に”最小店舗”という3平米ほどのARや3Dスキャン技術を使った非接触、無在庫販売店舗を羽田空港にて展開を始めた。

成都有米斗科技有限公司は、中国の靴サプライチェーンにおいて、資材調達から製造受託まで行い、現在15億元の流通量がある。

 

両社はお互いが持つ技術や営業販売ルートを活用して、靴のC2M市場を開拓する。中国国内では靴市場は4,000億元あるが、過剰在庫、EC上の返品問題が社会問題となっている。最小店舗と找米斗のサプライチェーンプラットフォームを活用して、工場と消費者を直接繋げ、消費者のニーズに合う商品をつくること、工場が自社ブランドの立ち上げから販売までを行ないやすくすることを協業サービスとして展開していく。また”最小店舗”で取得されたデータは、ものづくりへ使われることで生産の最適化やマーチャンダイジングにも活用する。

※C2M(Consumer to Manufacturing)

Top bg 5
About

Flicfitについて

3Dテクノロジーを活用して、シューズ販売の
常識を変えるソリューションを提供します。

3Dテクノロジーを活用して、
シューズ販売の常識を変える
ソリューションを提供します。